自分のホームページのテーマに合った商品を広告を使って紹介する

広告収入でページ運営費をまかなうことも可能

ホームページを運営しようとするとそれなりにお金がかかります。たとえば、独自ドメインを使う場合は毎年、手数料を支払わなければなりませんし、レンタルサーバーを使う場合もやはり定期的に料金を納めなければなりません。それ以外にもSSL用の証明書や有料素材などにも料金が発生します。
ただ、ホームページに広告を掲載することで運営費を回収することは可能ですし、それだけではなく、生活費などもまかなえるほどの収入を得られる可能性もあります。では、どのようにすれば広告収入を得ることができるのでしょうか。まず重要になるのはアクセスを確保することです。広告をただ貼っただけで収入を得られることはなく、リンクやバナーを閲覧者にクリックしてもらうか、あるいはリンク先のショップなどで商品を購入してもらう必要があるからです。

閲覧者の興味に合わせた広告を貼ればクリック率を高くできる

ホームページを毎日更新したり、あるいは質の高いコンテンツを掲載することで多くの閲覧者が訪れるようになっても、それだけで広告バナーをクリックしてもらえるとは限りません。大事なのはホームページのテーマと広告の内容を合わせるということです。
たとえば、サッカーに関するページを運営しているにもかかわらず、ページ内の広告は野球の商品ばかりということだと、クリックしてもらえる率はかなり低くなってしまうでしょう。サッカーに興味を持つ人が閲覧しているわけですから、サッカー選手の本やDVD、あるいはサッカー用具などの広告を貼るべきです。
広告を貼る際に注意したいのは、コンテンツの量とのバランスです。たとえば、コンテンツに比べて広告の方が多いのはバランスとしてよくありません。また、しっかりとしたコンテンツを作ることは検索エンジン対策としても有効です。