内容が薄いホームページにしない

しっかりしたコンテンツを作ることで多くのアクセスを得る

ホームページを作って広告収入を得たいと考えている人の中には、できるだけ少ない労力で楽に稼ぎたいと考えている人がいるかもしれません。確かに人がたくさん訪れるホームページを作れれば、そのあとはあまり手をかけなくても広告収入を得られる可能性はあります。ただ、最初からまったく手をかけずに人気サイトを作って広告で稼ぐことはまず不可能です。なぜなら、内容の薄いページを大量に作って公開しても検索サイトに評価される可能性は低いので、ほとんどアクセス数はなく、広告をクリックされることもないという結果に至るのが普通だからです。
少なくともホームページのコンテンツ作りには手間と時間をかける必要があります。また、可能であればサイト公開後もコンテンツを追加していった方が長く広告収入を期待できるページになるでしょう。

体験談や考察でコンテンツに深みを加える

では、内容のあるページを作るためにはどうすればいいのでしょうか。まず、文章量をただ多くすればいいというものではありません。たとえば、ライバルサイトに書かれている文章を切り貼りしただけのようなページは検索サイトにも閲覧者にも評価してもらえないでしょう。検索サイトはオリジナルコンテンツを重視しているので、自分にしか書けないような内容、たとえば体験談などを効果的に盛り込んでいくことが重要です。
また、事実だけを書くのではなく、事実やデータを踏まえた上での自分なりの考察を付け加えるとオリジナリティがあって読み応えのある文章になります。たとえば、単に「こういう商品があります」と紹介するだけではなく、「商品のスペックからこういった用途で威力を発揮するだろう」といった考察を加えることで内容に説得力が出て、商品広告をクリックしてもらえる可能性が高まるのです。

HP作成とは、複数のWebページがまとまったWebサイトを作成することです。Web用の言語であるHTMLタグやCSSを使って制作していきます。